【2022年10月21日 FX経済指標】米ドル円・150円を超える! 英国・トラス首相辞任 為替介入はまだないのか?|今日の経済指標スケジュール

  • URLをコピーしました!
目次

今日の経済指標

休場

  • なし

東京時間

8:00(英国) 10月 GFK消費者信頼感調査
8:30(日本) 9月 全国消費者物価指数

欧州時間

15:00(英国) 9月 小売売上高
15:00(英国) 9月 小売売上高(除自動車)
17:30(香港) 9月 消費者物価指数

ニューヨーク時間

21:30(カナダ) 8月 小売売上高
21:30(カナダ) 8月 小売売上高(除自動車)
23:00(EU) 10月 消費者信頼感

本日は8時30分に日本の消費者物価指数の発表があります。ドル円150円を超えて迎える指標ですので、いつもより注意が必要です。15時に英国の小売売上高の発表があります。ドル円が150円を超えた水準で推移をしています。引き続き、日本政府・日銀の為替介入への警戒が必要です。また昨夜、英国のトラス首相の辞任の発表がありました。一時ポンド円は上昇しましたが、今は168円半ばまで下落してレンジ状態です。本日も英国発のヘッドラインには注意が必要です。トレーダーができること「トレードをしない」か「エントリーする時に必ずストップ(損切り)」を設定」することです。思わぬ損失を出さないよう徹底しましょう。

今日も
がんばりましょう!

▼リッチ社長「公式LINE」に登録▼

LINEでその日の経済指標を送ります。

平日、9時30分頃を目安に「今日の経済指標」16時00分頃を目安に「YouTubeのFXライブ開始」のお知らせなどを配信しています。

登録しておくとFXトレードに役立つ情報を自動的に入手できますので、登録をお勧めしています。

お気軽に
ご登録をお願いします!

【LINE ID】@richceo
ID検索からお探しの場合は@からご入力ください。

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次